★☆ 治療を始める時期は? ☆★

乳歯列期(3歳から6歳ぐらい。乳歯だけが生えている時期)・・・気になる癖があったり、歯並びが悪い、検診で歯列不正と言われたなどの場合は、矯正専門医に相談してみよう。ただし、本格的な治療はまだ先のこと。この時期は経過を観察する程度の治療になる人がほとんど。

混合歯列期(6歳から12歳ぐらい。乳歯が永久歯に生え替わり中の時期)・・・この時期に治療をしておくと、将来の治療が少しで済んだり、必要なくなったりする人たちは、治療を始めるよ。

永久歯列期(12歳以降。永久歯だけが生えている時期)・・・いよいよ治療を始める人が多くなる。混合歯列期に簡単な治療をしていた人も、治療を再開する時期。もちろん、大人になってからでも治療は出来るけど、歯槽膿漏(しそうのうろう。歯ぐきから血がでたりウミがでたりする歯の病気)になっていたりすると、治さないと矯正治療ができない。

*歯の生える年齢は個人差があります。気になることがある人は、早めに矯正専門医に相談しよう。詳しい検査をして治療開始時期がわかります。
中学、高校、大学とだんだん学校の勉強やクラブ活動も忙しくなってくる。社会人になって働き出すともっともっと忙しくなるよ。余裕のある学生時代に治療を始めようね!